札幌で、外壁リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁リフォームするなら長年の経験・技術が他社にはない

施工方法・評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌のN様宅 外壁リフォーム工事

N様の現在の外壁は、窯業系石膏ボードサイディング(原料としては、セメント質原料及び繊維質原料成型し、養生・硬化させたもの)で、窯業系サイディング自体には防水性が全くありません。そのために塗装をすることによって、塗膜(防水性)が付着して、塗膜層ができるのです。しかし、年数が経過をし、防水性が薄くなり、剥離・劣化状態になり、壁の中に雨水等などが入り込んでいます。現在の窯業系石膏ボードサイディングは、板材そのものに塗膜(防水性)が剥離状態で、全体的に板材が雨水等や凍害現象などによりサイディングが激しい劣化損傷状態になり、壁の中に雨水等などが入り込んでいます。現在の窯業系石膏ボードサイディングは板材そのものも劣化損傷状態にあり、そこから雨水などが入っている状態です。又、接合部のシリコン系コーキング剤も硬化して硬くなっており、コーキングに亀裂が入っております。又、窓廻りは外壁より出ている為に、雨水等が停滞し、伝え水が外壁と窓サッシ廻りのコーキングに伝わり、亀裂や隙間が生じやすい箇所でもあり、すがもりの原因ともなります。上記の不良箇所をこのまま放置しておきますと、劣化した板材などがさらに融雪水や雨水などが入り込み、今以上に壁下地を劣化・腐食を進行させ、人体に有害な湿気・カビなどを発生させ、健康に害を及ぼすことになります。これからの季節は気温も上がり、雨も降る日も多くなります。それによりさらに外壁の板材の劣化進行が進み又、内壁及も剥がすことにより、大掛かりな工事と過大な工事費がかかりますので、そのようにならないためにも早急に工事することをおすすめします。

壁内部に雨水等が入り込んで膨張をし、損傷しております。塗膜(防水性)が薄くなっており、又、外壁材自体の劣化の原因で塗装自体に剥離(はがれ)が生じております。又、外壁面にも、膨れや剥がれ等が多々あります。

窯業サイディングの場合、窓サッシ廻りはコーキングで防水処理をします。しかし、得に窓廻りは、窓サッシが壁より窓枠が出ているために、雨水等が停滞しやすくなり、一番傷みやすい箇所です。現在のコーキングは、寒冷地には、弱く、硬化しやすい材料でコーキングに亀裂やヒビ割れが生じやすいのです。

現在、出隅に関しましては、窯業系(同質の材料)を用いておりますが、塗膜(防水性)が無くなっており、外壁自体、劣化損傷をしております。又、つなぎ部のコーキングが硬化をし、亀裂及び隙間が生じております。

 

札幌で外壁リフォーム工事をするにあたり

見た目に問題がなくても、傷みは進行してます!

外壁や屋根、バルコニーは、紫外線や雨、風、夏冬の温度差など過酷な環境の影響を受けています。外壁の目的や屋根、バルコニーに使われるシーリング材は、材質の関係上5年くらいから劣化が始まると言われますが、日当たりの条件などによって傷みが早く進行する場合もあります。放っておくと構造体への雨水の侵入などの原因になりますので、早めの補修をおすすめします。

 

5年目

ミクロクラックの発生、光沢低下

紫外線、熱、水、振動による目地の動きなどで表面に微細なクラック(ヒビ)が発生し、光沢が低下します。美観、機能上の問題はありませんが、慣用条件等により悪化の進行が早い場合があります。

 

5年~10年目

表面に粉が吹く(チョーキング)

表面の樹脂の劣化が進み、内部のシーリング材が流出してきます。表面が粉を吹いたようになりヒビもみられます。美観が損なわれてきて、防水機能も低下している恐れがあります。

 

 

10年~15年目

シーリング材の劣化や振動により目に見えるヒビが入り、サイディングとの間に隙間が生じてきます。防水機能が損なわれて雨水の侵入する恐れがありますので、打ち替えが必要です。

 

 

雨水の侵入は建物の構造の木材を傷めます。

外壁から雨水が侵入しても通常は通気層を通って外部に放出されます。しかし立地条件や風などの影響で場合によっては構造内に水分が残ることもあります。長期間この状態が続きますと木材のカビの発生や腐れの原因になってしまいます。構造を守るためには内部に水を侵入させないことが一番です。早めのシーリング補修をおすすめします。

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

札幌外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

マンションリフォーム

「どこに工事を頼んだら」とお困りの時、ユウケンにお問合せ下さい!!

ユウケンは他社よりも優れた技術者(大工・職人・担当技術者)が揃っています。
最高50年の現場経験者を始め、豊富な経験ある職人達と確かな資格・知識を持った担当者が対応しますので安心です。
スタッフ一同、皆様からのご相談をお待ちしております。
お急ぎのお客様はお電話またはメールにてご連絡下さい。

フリーダイヤル:0120-770-071
FAX:011-743-6405
営業時間:9:00~18:00(日曜定休)