札幌で、すが漏り(すがもれ)・屋根・外壁・リフォーム改修工事するなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォーム改修工事するなら

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁改修工事

屋根・外壁は建物の心臓部で最も大切なところです!早めの処置が大事に至らなくて済みます。

【屋 根】

傾斜屋根では、雪が屋根面が滑り落ちる際の摩擦で塗装がはがれたり、日射により塗装が劣化します。雪止め金具の取付部は錆が発生しやすく、錆びたまま長年放置しておくと雨漏りの原因にもなります。できれば年に一度は点検しましょう。無落雪屋根では、スノーレーンやドレンパイプに枯れ葉やビニールなどのゴミがたまっていると、スムーズな排水ができなくなり漏水の原因になります。屋根に雪が積もる前に目安に必ず点検を行います。カラー亜鉛鉄板の塗装が、変色してきたり、表面に白っぽい粉が出てきたら、張替の時期です。

 

【外 壁】

繋ぎ目や窓廻りのシーリング材は適宣点検を行い、サイディングやサッシなどの隙間やひび割れがあれば、凍害や漏水の原因なりますので、その部分を打ち直します。窓サッシの両端や換気フード下屋などに筋状の汚れが生じているのは、水切りが原因です。外壁の劣化につながりますので、水返しや伝い水防止水切りを付けるなどして水が直接壁を流れないようにします。モルタル壁もヒビが浮きが目立ちはじめたらリフォームの時期です。

 

札幌のТ様宅のリフォーム改修工事

ちょうどよい距離感で親世帯と暮らす

高齢者室とは

一様でないお年寄りの生活

お年寄りが完全な自立生活を送り、スペースを子世帯と共用しないのなら、2世帯住宅も選択肢でしょう。逆にお年寄りと同居する場合は、食生活をはじめ、世帯の一員としてさまざまな事物を共有しながら暮らすことになります。お年寄りといっても性別や年齢、健康状態、夫婦か否かなどによって、生活は一様ではありません。昔ながらの多世代の暮らしで親がまだ若ければ、生活の主体はむしろ親のほうにあり、子世帯は徒の関係となるでしょう。親の自活が難しくなってきた年齢での同居であれば、老人室だけでなく子が親のサポートをしやすい住まいを考えます。

ほどほどのつながりと独立性

共に暮らすといっても、年代の違いによる生活時間帯のズレは必ずあるものです。そのため、リビングと完全に一体になるような老人室では、お互いの都合の悪いことも多く、少しの間を置くのがよさそうです。反対にまったく気配のわからないほど、独立性が高いのも問題です。気軽にリビングに出てこられるくらいの距離が理想です。

 

地域とのつながりにも配慮

長時間家にいることの多いお年寄りは、その分、地域とつながりをもって暮らしている場合が多いはずです。昔からなじみや、趣味の仲間との交流がうまく運ぶような住まいが理想です。部屋から通りが眺められたり、顔なじみが訪ねてきやすい導線を工夫し、地域から独立しないようにします。お年寄りの部屋が直接外に通じていれば、将来体が弱ってきたときに、外部から介護のサービスを受ける際にも対応しやすくなります。年齢、健康状態、夫婦か否かなどによって、生活は一様ではありません。昔ながらの多世代の暮らしで親がまだ若ければ、生活の主体はむしろ親の方にあり、子世帯は徒の関係となるでしょう。親の自活が難しくなってきた年齢での同居であれば、老人室だけでなく子が親のサポートをしやすい住まいを考えます。

◎2室からなる高齢者室

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

マンションリフォーム

「どこに工事を頼んだら」とお困りの時、ユウケンにお問合せ下さい!!

ユウケンは他社よりも優れた技術者(大工・職人・担当技術者)が揃っています。
最高50年の現場経験者を始め、豊富な経験ある職人達と確かな資格・知識を持った担当者が対応しますので安心です。
スタッフ一同、皆様からのご相談をお待ちしております。
お急ぎのお客様はお電話またはメールにてご連絡下さい。

フリーダイヤル:0120-770-071
FAX:011-743-6405
営業時間:9:00~18:00(日曜定休)