札幌で屋根工事・バリアフリーリフォーム工事するなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根工事・バリアフリー工事するなら

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

札幌のK様宅の屋根工事に伴い屋根診断結果

現在札幌で屋根工事が例年なく多いです!

屋根の現在、流れ屋根でありますが、本屋根・下屋根に軒先ダクト・ルーフヒーティンが施工されております。しかし、谷コイルと屋根トタンのつかみ部分に隙間が生じております。これは当初からの施工不良と谷コイルと屋根トタンのつかみ取り合い加工が施されていなく隙間に融雪水などが入り込み、凍結して膨張をし、さらに隙間が広がり、スガモリなどが発生していると考えられます。排水溝の谷コイルの素材が、旧材質であって谷コイルの立ち上がりには隙間などが生じてしまいます。隙間ができた原因は施工方法が不良状態であるのと、隙間に融雪水などが入り込んで中で凍結して膨張して隙間が段々開いてきたと思われます。屋根は常に雨水や雪などが溜まりやすい場所であり隙間やつなぎ目の防水加工納め処理が大切なのです。屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、サビ・特に軒先部分は著しく腐食劣化状態にあります。屋根トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込んでおります。又、屋ねトタンのつかみ部分(ハゼ)も全体的に開いており、そこからも雨水等が入り込んでおります。本屋根トタンの一部では本来吊り子金物(屋根トタンを固定する金物)を使用すれば、屋根トタン表面に釘を使用することはありませんが、現在何箇所か釘で止めて隙間がありそこからも融雪水や雨水が入り込んでおります。又、2階小屋裏に関しては、断熱化と換気が十分で湿気結露状態(外気の冷たい空気と室内の暖かい空気が交わり水蒸気を発生)にあります。そのため、通気(換気)も悪いために結露が小屋裏の中にこもり、小屋裏軸組や木下地に水分が染み込み、腐食状態にあると考えられます。そのため、屋根板金葺替と同時に小屋裏の断熱化と換気を十分に確保すれば、小屋裏の中にこもり、小屋裏軸組みや木下地に水分が染み込み、腐食状態にあると考えられます。そのため、屋根板金葺替と同時に小屋裏の断熱化と換気を十分に確保すれば、小屋裏の湿気結露はほとんど解消されます。このまま放置しておきますと、さらに、雨水などが谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、、屋根木下地や、天井下地まで腐食劣化が進行をし、今以上のスガモリが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象も出ることも十分考えれられます。その場合は内壁はもちろんのこと、内壁・天井を剥がすなどの処置工事をおこなわなければなりませんので、早急に工事を要します。

軒先ダクト・ルーフヒーティングに関しては、谷コイルと屋根トタンとのつかみ開いており、ゴミなどがつまりやすい構造になっております。又、両側の納めのコーキングが切れている箇所もあります。そこから雨水などが入り込んでおります。

本屋根・下屋根ともに軒先部分に関してはサビ腐食状態にあります。これは、軒先部分が氷となり、雪や氷が停滞するために、そこからサビ腐食が始まりスガモリが発生をします。

2階小屋裏に関しては、屋根からのスガモリ・断熱・通気換気の不十分なために、湿気が停滞します。そのために、木下地や石膏ボードに水分が含んで腐食劣化状態にあります。このまま放置しておきますと、さらに進行をし、石膏ボードや木下地が陥没します。

 

 

札幌でこんなバリアフリーリフォームをしました!

バリアフリーの場所別アイデア

シンク下に膝が入る車椅子でも使えるキッチン

家事の中心となるのがキッチン。刃物や火を使うスペースですから、動きやすさや使いやすさが重要です。車椅子に対応するキッチンは、シンクやワークトップの下に収納スペースを設けず、膝を入れる空間をつくります。膝がつっかえないように、シンクは浅めのタイプにしましょう。また、収納は動ける範囲内に設けることも大事です。最近ではキッチンとダイニングを分ける家が減少し、広いスペースに続きのような形でキッチンとダイニングを隣接させている住宅が増えてきました。ダイニングテーブルは、既存品だと脚が邪魔をしたりテーブルが高すぎて使いにくかったりします。ですから、車椅子の高さに合わせてカウンター風に括り付けのテーブルを設置したらどうでしょう。立ち上がるときも手をつけるので便利です。

 

札幌でリフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

一番危ない段差は2~3センチほど

日本家屋は、靴を脱いで上がり込む生活スタイルのため、欧米の住宅に比べると段差が多い作りになっています。たとえば老化から部屋に入るときなども、境目の段差につまずくことがあります。実は、はっきりとした段差よりも、2~3センチほどのわずかな段差に高齢者はつまずきやすいのです。玄関などの大きな段差は、自分でも確認できるので注意しますが、低い段差は気付きにくいため、とっさのときに身体が対処しきれないのです。対処として、下に敷居がない吊り戸を使うなど、プランを明確に持ちましょう。また廊下をはじめ、トイレ・階段など夜中に歩く場所に段差があると非常に危険です。段差を取り除くと同時に照明などで足元を照らせば安全性は高まります。

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン ☆☆☆☆☆☆

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

「どこに工事を頼んだら」とお困りの時、ユウケンにお問合せ下さい!!

ユウケンは他社よりも優れた技術者(大工・職人・担当技術者)が揃っています。
最高50年の現場経験者を始め、豊富な経験ある職人達と確かな資格・知識を持った担当者が対応しますので安心です。
スタッフ一同、皆様からのご相談をお待ちしております。
お急ぎのお客様はお電話またはメールにてご連絡下さい。

フリーダイヤル:0120-770-071
FAX:011-743-6405
営業時間:9:00~18:00(日曜定休)