札幌で屋根工事・リフォーム工事するなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根葺替工事・リフォーム工事するなら

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根改修工事 K様宅

札幌のT様宅屋根は現在、下屋根は流れ屋根・本屋根はスノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝の谷コイルの素材が、旧材質であって、所々腐食している箇所もあります。又、排水溝はスノーダクトにとって一番大事なところであります。本来、排水溝にはスノコなど、雪やゴミが一気に入らないようにしなければなりません。そのために、排水溝の中がプール状態になって、(屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分から雨水等が入り込みスガモリを発生させてしまいます。そのため、屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分が開いた状態になっております。(屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分に融雪水等が入り込み、膨張をし、開いた状態になります。最初の新しいトタンの場合は寒くなると縮んで暖かくなると開く作用があります。それを繰り返すと、縮む作用がなくなり、開いた状態のままになります。)屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)がない状態で、サビ・腐食状態にあります。屋根トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込んでおります。谷コイルと屋根トタンの巻き込み部分・屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根下地や、天井下地まで腐食劣化が進行をし、スガモリが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象もでることも十分考えあれます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

下屋根に関しましては勾配がほとんどなく、雪などが停滞しやすい状態で、特に雨水等が軒先に溜まり、氷となって、塗膜(防水性)がなくなっております。他の箇所に関しても塗膜(防水性)が薄くなっている状態です。

 

下屋根は塗膜(防水性)が薄くなっている状態で、所々サビ等が出てきております。

本屋根は無落雪屋根(スノーダクト)になっております。排水溝(樋)は谷コイル自体が旧材質の為に所々腐食

している箇所があります。

 

 

 

なぜリフォームするのか目的をはっきりさせます!

【札幌でリフォーム改修工事】

リフォーム前のチェックポイントは5つ

立て替えかリフォームかの判断は建物の見た目だけではわかりづらいところがあります。設備機器の新調や生活の質を上げるリフォームであれば改修工事だけでよいのですが、建物の基本となる骨組みに問題があれば、まずこれをなおさなければ改修工事だけでよいのですが、建物の基本となる骨組みに問題があれば、まずこれをなおさなければ改修費用が無駄になります。リフォーム前には、必ず建物の基本となる構造のチェックをしていきます。チェックポイントは次の5項目です。

①基礎補強

②基礎+土台緊結

③柱引き抜きの防止

④架構の新設

⑤耐力壁の補強

この5項目をキチンと確認してからリフォームに入る事が大事です。かつてちゃぶ台でとっていた食事がダイニングテーブルに変わりました。このように暮らし方が変わるのに応じ、日本人は建物をチェックして変化に合わせて手を加え、長持ちさせて住み継いできました。しかしその後、古いものや生活のニーズに合わなくなったものは壊して新しくするという考え方によりスクラップアンドビルドがくり返され、住宅の平均寿命は26年程度となりました。とはいえ昨今は環境問題に配慮し、限りある資源を大切に使おう、街の資産となる家をつくろうなどと、意識が変化してきています。リフォームの目的も家族構成の変化、設備の老朽化、あるいは健康、安全に配慮するなどさまざまです。それぞれの目的に合わせてリフォームを成功に導くには、優先順位を決めること、設計者とのコミュニケーションを積み重ねることが重要です。

 

リフォームの基本的な考え方

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

「どこに工事を頼んだら」とお困りの時、ユウケンにお問合せ下さい!!

ユウケンは他社よりも優れた技術者(大工・職人・担当技術者)が揃っています。
最高50年の現場経験者を始め、豊富な経験ある職人達と確かな資格・知識を持った担当者が対応しますので安心です。
スタッフ一同、皆様からのご相談をお待ちしております。
お急ぎのお客様はお電話またはメールにてご連絡下さい。

フリーダイヤル:0120-770-071
FAX:011-743-6405
営業時間:9:00~18:00(日曜定休)