札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

札幌の東区Y様邸屋根葺替リフォーム工事をしました。

屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝のドレン廻り・谷コイルの立ち上がり部分(両側)のコーキングが剥離・劣化状態になっており隙間が生じて雨水等が入り込んでおります。排水溝はスノーダクトによって一番大事な所でもあります。因みにコーキングは、硬化力があり弾力性がなくコーキング亀裂が入りやすい材料なのです。屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、全体的にサビは発生しております。サビを放置して置きますと現状よりサビが広がり、穴が空きそこから雨水などが入り込んでしまいます。これからの箇所から雨水などがさらに入り込み、屋根下地・天井下地まで腐食・劣化が進行します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象もでることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

谷コイルの立ち上がり部分に、コーキングを施していますが、年数の経過とともに、剥離し、コーキング自体に亀裂が入っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

年数の経過とともに、塗膜(防水性)がなくなり、サビは発生しています。このまま放置して置きますと、サビが広がり、穴が空き、スガモリが発生します。

 

 

 

 

 

 

 

本屋根同様下屋根も、トタン材質自体の塗膜(防水性)が薄くなっております。又、本来排水溝(樋)の中にゴミなどが入ってはならない為に木製スノコを敷かなければなりませんが、木製スノコは年数の経過とともに、木が腐食。劣化状態にあります。その為、雪・飛来物・落ち葉などがドレンの中に入り詰まり、排水溝(樋)がプール状態になり、水かさが増して、屋根トタンと樋(FRP防水)のつかみ部分から雨水などが入り込みすがもりが発生します。

【排水溝は、スノーダクト工法の心臓部に値します】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日も、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

「どこに工事を頼んだら」とお困りの時、ユウケンにお問合せ下さい!!

ユウケンは他社よりも優れた技術者(大工・職人・担当技術者)が揃っています。
最高50年の現場経験者を始め、豊富な経験ある職人達と確かな資格・知識を持った担当者が対応しますので安心です。
スタッフ一同、皆様からのご相談をお待ちしております。
お急ぎのお客様はお電話またはメールにてご連絡下さい。

フリーダイヤル:0120-770-071
FAX:011-743-6405
営業時間:9:00~18:00(日曜定休)