リフォーム!札幌及び札幌周辺でリフォームをお考えなら評判のいい住まいのユウケンへ!

リフォーム札幌住まいのユウケン 札幌でリフォーム(外壁・屋根・すがもり・雨漏り・増改築・水道・水廻り・台所・浴室・洗面所・トイレ)を
お考えなら評判のいい住まいのユウケンにお任せ下さい。

株式会社住まいのユウケン TEL:0120-770-071

札幌で外壁・屋根・すがもり・すがもれ・雨漏り・リフォームをするなら地域で評判のいい住まいのユウケンにお任せください!

すがもり・屋根工事・雨漏り対策リフォーム

こんなお悩みや症状はありませんか?

すがもり・雨漏りを放っておくと家の躯体が痛みます
天井にシミがある 雨上がりの後、部屋がカビ臭い 窓サッシから雨漏りがする 強い雨のときポタポタ音が聞こえる どれだけ修理してもすがもり・雨漏りが止まらない
このような症状がある時は 早期に解決が必要です。

放っておくと家の柱や梁が腐り、家が傷んでしまいます。
そうなる前にすがもり・雨漏り診断をして、まずは原因を見つけて的確な工事を行います。

すがもり・雨漏りを放置しておくことは…二次災害への危険性

すがもり・雨漏りを放置しておくことによって、被害がどんどん広がり二次被害へと繋がることも珍しくありません。
天井は、通気性も比較的良いために漏れた雨水はすぐに乾いてしまうこともありますが、屋根と天井の間にある天井裏はワケが違います。
天井裏という場所は天井と違って、通気性があまり良くない場所です。
それに高温多湿であることも特徴の1つ。
そのような状態もあってか、雨漏りが起きることによってどんどん木材が腐食したりと、ダメージに繋がります。
断熱材やボード、また柱や土台にまでに被害が及ぶ場合もありますので、注意が必要です。

そのすがもり・雨漏りを放置すると...こんな事になる可能性があります!

天井の下地などに水が染みてしまい、重みに支えられなくなり、天井が陥没します!

当社の豊富な経験と高技術で原因を徹底追求し、迅速に対応!

当社はすがもり・雨漏りの専門知識と資格をもった建物の診断士ですので、安心確かな技術・工法で、すがもり・雨漏りを完全に解消させます。

今だけ限定!!ユウケン独自の高技術・工法で努力低価格にて安心工事をします!今すぐお電話下さい! 無料通話 すがもり・雨漏りでお困りの方期間限定特別価格キャンペーン 0120-770-071

当社は数多くの公的団体の認定・加盟を受けています!それは信頼できる業者の証です!

当社は、すがもり・雨漏りの専門知識と資格を持った建物の診断士ですので、
トタンの状態やダクト排水溝・外壁などを的確に診断し、
安心確かな技術・工法で、すがもり・雨漏りを完全に解消させます!

トタンの状態やダクト排水溝の外壁などを的確に診断点検します。すがもりの発生時期には季節の関係がありません!!大敵です!

意外にお客様の中には「今はすがもりしてないから症状が現れてから対応する」とか、「補修材などで補修してくれないだろうか」「工事費用がかかるから安く済ませる方法ないだろうか」など、一時的な処置の対応を求めるケースが多々あります。しかし、屋根は人間の体で言えば、心臓部分と言っても過言ではない場所でもあるのです。

なぜならば、屋根トタンやダクト排水溝などの不良によって、又外壁等からの雨水等の浸入により、雨漏り・すがもりが発生する事があります。木下地の腐朽・断熱効果の低下・壁下地の腐朽・湿気カビの発生などによって、さまざまな、不良現象が発生させ、家自体の寿命も短くしているのです。

そうならないためにも、定期的な点検・不良箇所が出てきた場合は確かな経験と確かな工事を行う会社に頼んで、早急に工事することが大事なのです。その確かな経験と確かな工事を行っているのが住まいのユウケンなのです。

屋根編
屋根トタンが傷んだり、加工不良であると雨水・融雪水が侵入をし、すがもりの原因に!

屋根からのすがもり・雨漏りでこのようになったら大変!!

一時的にすがもり・すがもれ・雨漏りが止まった... だからと言って

決して安心はできません!

一度でも雨漏りしていれば、気づかないうちに壁や床、
天井の構造材を腐らせ住宅の老朽化を進めている可能性があります。

早めに対応しなければ、大掛かりな工事に発展します!

無落雪屋根のすがもり・雨漏り

スノーダクトの排水溝は心臓部です!

ダクト排水溝(樋)は、スノーダクトにとって1番大事な所でもあります。屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分が年数の経過とともに、全体的に開いた状態になってしまい、そこから雨水などが侵入し、すがもりが発生します。

【トタンの原理は、新しい屋根トタンの場合は、寒くなると縮まり、暖かくなると開く作用が繰り返されます。しかし、年数が経ちますと、縮まる作用がなくなり開いた状態のままになってしまいます。】

【原因】

  1. 排水溝の谷コイルの不良
  2. 排水溝とトタンの取り合い(接続部分)の不良
  3. トタンの傷み
  4. トタンのハゼ(つなぎ部分・他加工の不良)
  5. 排水ドレンの不良

上記の項目で一つでも当てはまるようでしたら
すがもりしている可能性が大です。

流れ屋根のすがもり・雨漏り


流れ屋根工法は、屋根トタン材質そのものが、凍害現象などにより、年数の経過とともに、老朽化していきます。
その結果、トタンが傷んで(サビ・剥離状態)、軒先のつかみが腐れて雨水や融雪水が入り込んでいきます。
サビ・劣化・加工不良によりスガモリが発生します。

フラットルーフ屋根のすがもり・雨漏り

北海道で一時普及したフラットルーフ工法は、屋根の上では風が舞っているので、おおかた吹き飛ばされる工法です。しかし、軒先から雪がせり出したり、つららができる事があります。

フラットルーフ(陸屋根)は1/100~2/100の緩やかな勾配を設けたほとんど平らな屋根です。常に雪が堆積している状況ですので、ハゼ(屋根トタンと屋根トタンのつなぎ)が開いたり、軒先部分に氷になりそこから融雪水などが入り込んで、すがもりする事が多いのです。又、サビ劣化・加工不良などがあるとスガモリが発生します。


下屋根の立ち上げ部分は「技術・工法」が大事です!

下屋根は本屋根以上に障害(壁)などがあり、雪や雨が溜まる箇所でもあり、とても大事なところです。

他社の下屋根立ち上げ工法
屋根トタン自体を立ち上げを行わずに、
鉄板を取付をした悪い例
屋根トタンを立ち上げたものの、アマコロ等の防水
処置を行っていない悪い例コーキングのみを処置を
していますが、コーキングが切れたら、スガモリします。
当社安心施工屋根トタン立ち上がり防水施工

屋根トタンと既存の外壁のつなぎ目が大事です!

①防水フェルト立ち上げ施工②トタン立ち上げ防水コーキング処理③屋根トタンの立ち上げ施工 ④トタン立ち上げ防水コーキング処理⑤立ち上げ木材内コーキング処理⑥立ち上げ木材(貫)取り付け納め ⑦トタン包み加工⑧防水コーキング処理 ⑨施工後寒冷地用変成シリコン系コーキング ユウケンがコーキングを使用する際はこのコーキングを使用しております。耐久性も高く振材との吸着性も抜群です。その上、弾力性があり、硬化しないので、伸縮にも対応してくれます。しかし、吸着性がある分ベトツキがあり施工がしづらく、経験がないと汚い仕上がりになります。ユウケンは職人達と研究を重ね綺癒な仕上がりにすることができました。北海道で生まれた変成シリコンコーキング材

北国の厳しい条件に十分に耐えられる《高品質カラートタン鋼板》北海道推奨優良道用品協議会

ユウケンが用います『高品質長尺カラートタン鋼板』の特徴は従来のトタンよりも肉厚で、防水性・耐凍性・防錆性が高く北国の気候にあった高度の材質。耐久性が最も高い高耐久材質です。道内の工場生産材質なので、本州と違い、年数が経っても色が薄くならず、雪に強く丈夫で美しい色彩と光沢をもつ、『2コート2ベーク』(通常の2倍の塗装・焼付け処理)の工場加工処理。最も強く、耐候性に富んだ新アルミ素材の入った高品質耐久カラー鋼板です。 ※本道の過酷な温度差の屋根に十分耐えられる資材
≪優良道産品<道の推奨>≫

北海道のカラートタンは防水性・耐凍性・耐風性・防錆性が高い 屋根は高材質+高技術(ハゼおこし・下地安定処理・つなぎ目・加工など)が大事です。

長年の実績と経験ある技術者(職人)が完璧な工事をします。


私達の思いを聞いて下さい!

毎日一生懸命頑張っております、外壁・屋根・水廻りを専門とする住まいのユウケンです。ユウケンくん
当社は『建築相談調査会登録建築士事務所』にリフォーム会社として道内唯一登録認定を受けて、又『北海道職員互助会登録商社』としての指定及び他社にはない数々の登録認定を受け、信頼・実績・長年の経験をもとにお客様が心からご満足して頂ける工事を『我が家との思い』で一筋にやっている住宅会社です。

ユウケンは『大切なお客様の為にどこにも負けない良い仕事・良いサービス・そして、親切でお客様満足一番』を目指して頑張っております。『ユウケンさんに頼んで良かった』との多くのご支持を頂き当社全員感謝の気持ちでいっぱいです。
住宅に関してどのような事でもお客様の身になって親切・丁寧にご相談を承りますので、宜しくお願いします。

無落雪屋根の工事の流れを見る
流れ屋根の工事の流れを見る
フラット屋根の工事の流れを見る
屋根工事の施工事例をご紹介します。

外壁施工事例を見る


外壁編
外壁材にすき間・加工不良があると、
雨水・融雪水が侵入をし、すがもりの原因に

屋根同様に、次にすがもりの事例が多いのは、外壁からのすがもりです。 外壁は屋根同様に、過酷な気象条件のもとに、家を守ってくれています。 しかし、外壁材が痛むと、傷んだ箇所から、雨水・融雪水が入り込み、壁下地などを伝わって、内壁や天井にすがもりが出てくることもあります。
特に、雪解けや雨の多い時期など、一年中どの季節でも外壁からのすがもりがあります。特に、外壁からの雨水・融雪水は、壁下地や断熱材などを腐食劣化させ、手遅れになりますと、土台・柱などの建物構造部材まで腐食をし大掛かりな工事に発展する場合も多々あります。

小さなひび割れ:構造材そのものの硬化、収縮による原因の他に、気温の変化、乾燥のくり返しなど外気の影響によって、小さなひび割れ(ヘアクラック)すき間ができてきます。そのほか、ホコリなどによる汚れも外壁を動る原因になります。雨水の侵入:初めは目に見えないような小さなすき間であっても、そこに雨や香水などが何も入ることによって、壁内部にカビや湿気が生じてきます。また、万年床のように湿った熱材は、断熱効果もなくなっています。内部の部材腐食:外型にできたすき間に入った雨水は、当内部に湿気を生じさせるだけでなく、長い間の繰り返しによって、外を支える柱や部材を腐らせている場合もあります。定期的な塗装や細かな補修で防ぐことが大切です。さらに雨水の侵入:特に冬期間は、昼間ひび割れに入った雨水が寒さが増す夜に凍って、ひび割れをさらに大きくしたり、破損箇所を増やしたりします。夏場は雨水ひび割れや痛んだ外壁材から入り込み壁内部・天井などに伝わり、腐食・劣化が広がります。その結果外壁はもとより内壁・天井もはがすことになり大掛かりな工事に発展します。寒さ・すき間風・結露・カビ

傷んだ外壁材からすがもり・雨漏りで下記のようになったら大変!!

内壁が腐食劣化土台・柱が腐食 断熱材・土台腐食壁下地が腐食



外壁サイディング工法について見る
外壁施工事例を見る

屋根工事の施工事例をご紹介します。
お買い得情報冊子から様々なプレゼントをご用意!リフォームカタログプレゼント
札幌のすがもり ・雨漏り・屋根・外壁専門ブログ すがもり・すがもれ・雨漏り・リフォーム 外壁・屋根無料診断・メンテナンス
公的団体認定及び加盟
建設業の許可票 北海道建築士事務所協会会員章 適合証明業務 建築相談調査会 住宅あんしん保証 建築生産専攻建築士登録証 北海道住宅検査人 増改築相談員 木塗協会員 シックハウス診断士協会 日本住宅性能調査会会員 TH友の会 TOTO リクシル 「ユウケン」のリフォーム工事の流れをご紹介 ユウケンの社会貢献 国境なき医師団感謝状 リフォームブログ




リフォーム工事紹介業務
施工協力業者募集
採用情報


メールで問合せする

フリーダイヤル:0120-770-071

リフォーム 札幌 ユウケン住まいのユウケン社長の熱き思い! リフォーム施工事例お客様の声 | リフォーム豆知識 | リフォームの流れ |知っ得生活情報
リフォームQ&A | オリジナルカタログ紹介 | 会社案内 | 施工協力業者募集 | 紹介代理店制度 | 採用情報 | 個人情報について | サイトマップ
外壁修繕・寿命すがもり・雨漏り配管・水廻りリフォーム外壁サイディング工法無落雪屋根流れ屋根フラットルーフ屋根外壁・屋根塗装リフォーム
マンションリフォーム当社の工事品目についてお悩み相談室

リフォーム 札幌の対応エリア:
札幌市内(全域)・札幌市近郊・道内全域のリフォーム・マンションリフォーム専門店

北区、東区、西区、手稲区、豊平区、清田区、白石区、厚別区、南区、中央区、石狩市、江別市、北広島市、小樽市、札幌市近郊でリフォームを承っております。どんな工事でもお客様の身になって承ります。当社は「ユウケンさんにリフォームを頼んでよかった」というお客様の一言が一番の喜びです。

株式会社住まいのユウケン
〔本社〕 札幌市東区北50条東7丁目7-8第二北舗ビル1F
フリーダイヤル:0120-770-071
電話:(011)743-6262  FAX:(011)743-6405
E-mail:yuuken21@agate.plala.or.jp
〔資材センター・作業場〕 札幌市東区北50条東7丁目7-8(敷地内)
営業時間:9:00~18:00 毎日一生懸命営業中
会社概要はこちら

リフォーム札幌 戸建リフォーム、マンションリフォームなど、全ての住宅リフォームから、増改築、外壁、屋根、すがもり、雨漏り、水廻り・水道、台所、浴室、洗面所、トイレ・マンションなどをリフォームする札幌の住宅リフォーム専門店!

©2019 株式会社住まいのユウケン All Rights Reserved.